忍者ブログ

Over the Top

自分のことを徒然と。頑張れタイガース!!

コメント・トラックバックに関して。
コメントは承認制となっています。すぐには表示されません。ご了承ください。
大変申し訳ないですが1週間以上前の記事についたトラックバックに関しましては、削除させていただきます。また、記事と全く関係ないトラックバックも削除させていただきます。ご了承ください。
「ひと夏の犬」と「昨日の次の日」
 私のHPに、頂き物のフラッシュを2点、載せました。人間のモラルというものを考えさせられました。 そのフラッシュの名前は「ひと夏の犬」と「昨日の次の日」。
 二つとも、犬を題材にしたフラッシュです。フラッシュが訴えていること、考えて生きたい問題です。

[PR]

  posted by at 10:56:54 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

イジメとチェッカーズ

  posted by さかな at 21:00:48 │EDIT
 今、細木数子さんの番組に鶴久政治さんが出てました。チェッカーズのことも話してました。正座して聞いてました。

 私にとって、チェッカーズは生きる望みでした。以前も書いたように中学時代はいじめられていて、毎日学校に行くのもいやでした。親に迷惑をかけたくない、心配させたくないというだけで学校に行っているようなものでした。授業の真っ最中、黒板の前横切ってあの窓から飛び降りたら、こいつら少しは反省してくれるだろうか。カミソリ持って行って教壇の前で切ってやったら、返り血あびであいつら汚くなるだろうか。そんなことばっかり考えてました。
 何故チェッカーズが生きる望みだったかというと、彼らの活躍が楽しみだったからです。今度の歌うヒットスタジオにチェッカーズが出る。今度のトップテンにチェッカーズが出る。今度のベストテンにチェッカーズが出る。何日にシングルが出る。何日にアルバムが出る。今度の明星にチェッカーズ特集。今度の平凡に歌詞が載る。ただただそれだけを待ち、その時まで頑張ろうと自分を奮い立たせてました。
 チェッカーズのことになると、なぜか冷静に対応できました。
 いじめてた子が「チェッカーズ大嫌い。だってあんたが好きだからチェッカーズ嫌いになったの!」と吐き捨てるように言われても、こいつは本当のファンじゃないから簡単に嫌いになれたんだ、ほっといたってこいつはファンじゃなくなるじゃん。って聞き流せたし、チェッカーズの写真集を誰なのか識別できなくなるくらい細かく破かれた時も、こんなに細かくちぎって大変だっただろうな。ぐらいにしか思いませんでした。写真集は片付ける時ちょっと手が震えましたけど。

 そんな私を支えてくれたチェッカーズ、今このように確執確執って騒がれるとなんだか寂しいです。もうクロベエは亡くなっていて、7人でチェッカーズは無理ですけど、『Seven Heaven』の中に書いてあったみたいに、また集まらないかな・・・。

HEAVENなんてひとつでも最高なのに七つもあったら、
そりゃーもう飛び上がるほど最高じゃん!!
また七人会っちゃったら何って声掛けようか・・・・・・
「よっ!!元気!!またやる?」
 

拍手

PR
COMMENT[2]
おんず : 2006-11-24(Fri) 23:15:27 │EDIT
無題 
こんばんわ!
リンクしていただいてありがとうございます。
また、返信が大変遅れてしまって申し訳ありません。こちらからもリンクさせていただきました。今後ともよろしくお願いします。


さて、ここからは場違いなコメントになるかもしれませんので削除していただいてかまいません。

私はいじめる側、いじめられる側両方の当事者になった経験があります。いじめる側に経立っていたときはそれを止めてくれる友人、いじめられる側に立っていたときは体を張って助けてくれる友人がいたことが救いでした。中学の時の担任との折り合いが悪くて登校拒否の一歩手前までいったこともあります。
大人になってからのことですが、先輩、同級生、後輩を一人づつ自殺で亡くしています。理由は明らかにされていませんが、後輩についてだけはわかっています。
もう何年も経っていますが、同級生と後輩については何とか助けることができたのではないか、どうしてわかってあげることができなかったのか、何度かサインがあったのではないか、あのときのあれはSOSだったのではないか、何故気付いてやることができなかったのか、そんな罪悪感を拭い去ることはできません。今でも夜中に突然思い出して、どうしようもなく胸が苦しくなります。
また、滅多にかかるようなことのない同じ病気で二人の友人を亡くしました。自殺の報道がある度に彼らに思いを馳せます。何故私のような何の目的意識もなく漠然と生を垂れ流している人間が生きていて、彼らのような夢と希望にあふれた人間が死なねばならなかったのか。

世の中には生きたくても生き続けられない人もいるし、誰かが死ぬことによって勝手に罪悪感を持ち続けてしまう人もいる。自殺せざるを得ないほどの苦しみを味わった人ばかりでなく、それを止められなかった人の苦しみを思うと何ともいたたまれません。

すいません、何を言いたいかわからない文章になってしまいました。長文失礼しました。
さかな:2006-11-24-Fri 23:31:51
言いたいことはよくわかります。
>おんずさま
 こんばんわ!リンクありがとうございます。こちらこそ宜しくお願いします。

 後半の文章ですが。言おうとしてることはよくわかります。
 それともう一つ。「生を垂れ流してる」とおっしゃってますが、私はそう思いません。神様の存在を信じているわけではありませんが、今私たちが生きているのはそれなりの理由があるからだと思います。そう信じてます。あの辛かった中学時代、命を絶たずにここにいる訳はきっとあるはずで、それはおんずさんにもいえることだと思います。
 おんずさんはすでにもう私を救ってくれましたよ。あの言霊を続けていた時、「気持ち悪い」というコメントをいただきました。そんな人から見たら「気持ち悪い」イベントに参加してくれただけでも、本当に嬉しかった。やってよかったと思いましたよ。私なんかにそう思われてもそれこそ「キモチワルイ」かもしれませんけど^^;
 他の人がリタイアしてしまった分、その気持ちを汲んでこの先生きていくのが残された私たちに課せられてることなのかもしれません。
ゆち : 2006-11-25(Sat) 00:37:55 │EDIT
私も大ファンでした! 
私もチェッカーズ大好きです♪
今までミュージシャンのコンサートってチェッカーズかフミヤしか行ったことなくらい大好きで、もちろんファンクラブにも入ってました♪
あの確執事件に関しては今は真相もわからず、ファンとしては何もできないけれど、やっぱり昔のCDを聞くと体が熱くなってノリノリになる自分がいます。
また集まって歌って欲しいなあとも思いますが、まだしばらくはないでしょうね・・・昔のCDでも聞いて夢を持ち続けましょう♪
さかな:2006-11-25-Sat 17:31:35
私はフミヤファンでした!
>ゆちさま
 ゆちさんもでしたか~~!チェッカーズのコンサート、行きたかったんですが高校からしかコンサートに行くことは許してもらえず(T-T)高校になったらもう福井には来てくれませんでした。・゜・(ノД`)・゜・
 私もたまに昔のCD引っ張り出してきては聞いてますよ。セブンヘブンは好きなアルバムなので、未だに時々聞いてます^^
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [1]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
六星占術で有名な細木数子のもうひとつの“武勇伝”があるみたいです。以前、細木数子はホストクラブ通いを豪語していました。最近では東京・銀座の超高級日本料理店などに出かけて芸者を呼び、豪勢に食事して楽しんでいるらしいです。
ぽちっとな
お月様
プロフィール
HN:
さかな
性別:
女性
職業:
事務職
趣味:
阪神タイガース
自己紹介:
 悪がき2人のお母さん、頑張ってやってます。息抜きはタイガースの応援。よろしくお願いします!
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
カテゴリタグクラウド
最新コメント
ちはやふる 152首
みちつくゆらさま (09/10) 返信済
勝った!!い~予感当たった!
CherryBombさま (04/06) 返信済
ずいぶんと^^;
おんずさま (04/03) 返信済
甲・子・園!!
shinchayaさま (06/17) 返信済
子供の頃のロボットアニメ
桃太郎さま (05/23) 返信済