忍者ブログ

Over the Top

自分のことを徒然と。頑張れタイガース!!

コメント・トラックバックに関して。
コメントは承認制となっています。すぐには表示されません。ご了承ください。
大変申し訳ないですが1週間以上前の記事についたトラックバックに関しましては、削除させていただきます。また、記事と全く関係ないトラックバックも削除させていただきます。ご了承ください。
「ひと夏の犬」と「昨日の次の日」
 私のHPに、頂き物のフラッシュを2点、載せました。人間のモラルというものを考えさせられました。 そのフラッシュの名前は「ひと夏の犬」と「昨日の次の日」。
 二つとも、犬を題材にしたフラッシュです。フラッシュが訴えていること、考えて生きたい問題です。

[PR]

  posted by at 00:48:34 │EDIT
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

備忘録───次男妊娠②

  posted by さかな at 09:39:27 │EDIT
 前回の続きです。切迫流産で入院した時、お医者さんの話をきちんと聞いていなかったので、突然手術という話に動転してしまいました。

 長男を出産した時、取り上げてくれた助産婦さんが手術前の準備に来てくれました。結局、それまで何度か看護婦さんに聞く機会があったのですが聞くタイミングを外し続け、まだ手術する理由を知らずにいたのです。
「じゃあ、明日手術ですからね。心配そうな顔してるけど大丈夫よ。」
と準備を終えて声をかけてくれたので、今がチャンスと聞いてみました。
「手術って、どんな手術ですか?どうして私手術受けなくちゃいけないんでしょう?」
 えっ?という顔をする助産婦さんに、必死に理由を話しました。入院する時、流産という言葉に動転してしまってお医者さんの話をきちんと聞けなかったこと、血が止まったら退院できると思っていたこと、その後何の説明もないまま今日になってしまったこと。
「そうだったの。ちゃんと説明してなくてごめんね。」
 助産婦さんが悪いわけではないのに、謝ってくれて、それを聞いた私はようやく聞ける安心感からかボロボロ泣いてしまって・・・。泣き止むのを待って、助産婦さんが教えてくれました。
 前置胎盤で赤ちゃんの出口に胎盤がかかっていること、そしてその赤ちゃんの出口が開きかかっていること。今回の手術は出口を糸で縛って出産時期まで開かないようにするということ。手術は麻酔を使うけど、中の赤ちゃんも一緒に眠ってしまうので大丈夫なこと、妊婦さんにも安全な麻酔を使うこと。助産婦さんは私のそばに座って静かな声でゆっくり説明してくれたので、私も十分理解して安心することが出来ました。
「私も手術にはちゃんと付き添ってあげるから。安心していいよ」
とまで言ってくれて、私は宜しくお願いしますと頭を下げました。

 いよいよ手術。盲腸の手術すら受けたことの無い私は、ベットに仰向けになり、ドラマで見るような照明を見上げて緊張してくるのがわかりました。約束どおり助産婦さんが横にいて、手を握ってくれていました。
「じゃあ、麻酔をします。看護婦さんの後について数を数えてください。」
 看護婦さんが1と言ったら、後に続いて1と言い、看護婦さんが2、私が2、看護婦さんが3、私が3・・・・とずっと数えていって、8まで数えたのは覚えています。でも助産婦さんが言うには17まで私は数えていたそうです。気が付くと病室で、隣には旦那がいました。
「お腹の赤ちゃんも大丈夫だって。今度こそもうすぐ退院できるよ」
と旦那に教えてもらって、すごく安心して涙が出てきたのを覚えています。
 張り止めの点滴から薬に変わり、病室内の歩行から食堂などへ歩いていけるようになり、病室での1人きりの食事から子供を産んだばかりのお母さんたちと食べれるようになって、食事の時間が楽しくなりました。お母さんばかりではなく、妊娠悪阻で入院している人、何故入院しているのかは聞けなかったけど、何らかの理由で入院している人、いろいろなお母さんがいました。でも、どのお母さんも笑顔が見えて、お互い頑張っていきましょうねと励ましあっていました。
 
 今はすごい悪がきになって、ことごとく私のいうことに反発し、反抗し、「お母さん意地悪や!」という次男ですが、素直な時は素直ないい子です(親ばか?)。あの時夢に出てきた青年のように細くて釣り目な次男。あの夢はきっと毎日血が止まらないと心配していた私にお腹の中から送ってくれたメッセージだと思っています。あの時みたいに、もう少しやさしくなってくれたらなぁと思いますが、それは贅沢な悩みなんでしょうか。

拍手

PR
COMMENT[1]
ゆち : 2007-01-28(Sun) 23:00:20 │EDIT
色々あったんですね・・・ 
しかるべき時期に、きちんとした処置を施してもらって、次男君が無事誕生できたんですね。本当によかったですね!
青年が出てきた夢、すごいですね~。
そういう不思議な夢って見たことないので、ちょっとうらやましいです。
見てても覚えてないだけなのかな~。
生まれた時は「元気に生まれてくれてありがとう。それだけでもう十分よ」なんて思ったはずなのに、成長するにしたがって色々と期待を寄せてしまうのは親の悪い癖なんでしょうか・・・時々、妊娠・出産の時のことを思い出すのは、自分への戒めにもなっていいですねえ。明日からはもっと優しい母になろうっと!(今まで何度こう決意したことか(笑))
さかな:2007-01-29-Mon 19:56:07
ありがとうございます。
>ゆちさま
 お腹に子供がいるときにメッセージ性のある夢はよく見ましたけど、お腹から出た後はさっぱりですわ^^;「這えば立て、立てば歩けの親心」とよく言われますけど、本当にそのとおりですよね。その先、もっと先、そのもっともっと先と子供の成長を見たくなります。その期待が子供へのプレッシャーになっちゃうのかも知れません。私もよくやっちゃって日々反省です(--;)
 お互い、いいお母さんになれるよう頑張りましょうね!・・・多分明日には元のガミガミお母さんに戻るとは思うんですが^^;
Comment form
  • コメントは投稿フォームです。
Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字

 ※編集時に必要です。
 ※チェックすると管理者へのみの表示となります。
 

TRACKBACK [1]
Trackback URL
  • この記事のURLとトラックバックURLです。
  • 必要に応じてご使用ください。
この記事のURL▼
この記事のトラックバックURL▼
正直に言います。 私もやりました(笑) しかも、竿とリールまで使ってました。 ハイハイしだすと追っかけてきます(爆)...
ぽちっとな
お月様
プロフィール
HN:
さかな
性別:
女性
職業:
事務職
趣味:
阪神タイガース
自己紹介:
 悪がき2人のお母さん、頑張ってやってます。息抜きはタイガースの応援。よろしくお願いします!
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリタグクラウド
最新コメント
ちはやふる 152首
みちつくゆらさま (09/10) 返信済
勝った!!い~予感当たった!
CherryBombさま (04/06) 返信済
ずいぶんと^^;
おんずさま (04/03) 返信済
甲・子・園!!
shinchayaさま (06/17) 返信済
子供の頃のロボットアニメ
桃太郎さま (05/23) 返信済